リアップ(RiUP)のAGA治療効果を知りましょう

リアップX5プラス
リアップX5プラス

リアップは国内最初のミノキシジル含有育毛剤として1999年に大正製薬より発売されました。

1980年代からアメリカにて発売されていたロゲインと同じ塗布タイプ育毛剤で、ミノキシジル初心者にも扱い易いと言われています。

使用は成人男性(20歳以上)に限られており、男性用にはミノキシジル含有量1%のリアップミノキシジル含有量5%のリアップx5

女性用にはミノキシジル含有量1%のリアップリジェンヌが発売されています。

ロゲインとの一番の違いは国内で承認されているかどうかという点です。リアップは国内で承認された医薬品なので、未承認のロゲインなどに比べ安全性は高いと言えます。

リアップ(RiUP)の発毛効果

フィナステリドと違い、発毛を促進する働きがあります

AGAの進行を遅延が主な働きであるフィナステリドと違い、リアップ(RiUP)は毛母細胞に直接働きかけ、成長を早める働きがあります。

リアップx5の開発時の臨床試験では93.6%の体験者に発毛効果が見られました。

AGAだけでなく、全ての薄毛に効果アリ

AGAにのみ効果的なフィナステリドと違い、リアップ(RiUP)は円形脱毛症をはじめとする全ての薄毛に効果があります。

生え際、前頭部よりも頭頂部の薄毛に効果的

頭頂部の方がより早く効果を実感することが出来るようです。M字部分には効果がないという噂がありますが、前頭部に全く効果がないというわけではありません。生え際や前頭部は血流が悪いので少し不向きというだけで効果はあるようです。

リアップ(RiUP)の効果的な使用方法

フィナステリドとの併用が効果的

ミノキシジルで発毛を促進し、フィナステリドで脱毛を防止という攻撃と防御の組み合わせが最強と言われています。

1日2回、朝晩に分けてリアップ(RiUP)1mlを頭皮に直接塗布

60ml入りのリアップ(RiUP)が1ヶ月分という計算になります。これ以上多く塗布しても効果が増すわけではなく、副作用の危険性が高まるだけなので用量に注意しましょう。

頭皮以外の部分に付着しないように注意してください。特に目に入らないように注意が必要です。

ワックスやジェルといった整髪料との併用は可能ですが、リアップ(RiUP)が乾いた後につけるようにしましょう。乾く前につけると、リアップ(RiUP)が十分頭皮に浸透しない可能性があります。また、頭皮へ浸透させる為に塗布後4時間は洗髪をしないようにしましょう。

リアップ(RiUP)の入手方法

リアップは医師の処方がなくても、薬剤師のいる薬局で手軽に入手することが出来ます。

第一類医薬品に分類されるので、以前は通信販売での購入はできませんでしたが、平成24年1月の最高裁が出した「医薬品の通信販売を禁止した国の規制は無効」という判決によってネットでの通信販売が事実上解禁状態となっており、国内外の医薬品通販サイトで購入することが可能です。

リアップの種類と価格