フィナステリドのジェネリック医薬品フィナロの効果を知りましょう

フィナステリドのジェネリック医薬品「フィナロ」は、プロペシアのジュネリック製品として販売され、フィナステリドの含有量は1mgとなっています。

フィナロを製造しているのはインドのIntas Pharmaceuticals Ltd社で、2006年には適正製造基準が認定されている大手製薬会社です。

フィナロには、他のフィナステリド錠と同じように男性ホルモンを抑制し男性型脱毛症が進行しないようにする効果があります。個人差はあるものの、大体半年以内にはその効果を実感し、1年も使い続けると、約8割近くの人が薄毛改善効果を感じられると言われていることから、他のフィナステリド錠同様継続して使い続けることで効果が実感できると言えます。

フィンペシアなどのプロペシアジュネリックには発癌性物質である「キノリンイエロー」を使用していることが一時期話題となりましたがフィナロは使用していません。キノリンイエローとは薬をコーティグする際に使われるものです。キノリンイエロー未使用の薬を求める人も多いですから、そういった点でもフィナロは安心です。

フィナロの効果的な使用方法

フィナステリドは、前立腺肥大症治療と男性型脱毛症治療で使われていますが、それぞれ適した使用量は異なります。男性型脱毛症治療では前立腺肥大症治療よりもすくない量となっており、1日1mgで十分と言われています。これ以上増量しても何か効果が変わることはありませんので用量用法は守って使用するようにしましょう。

また、他の薬との併用は避けるようにします。一般的な風邪薬などは問題ない場合がほとんどですが、薬の飲み合わせが悪いと体に悪影響を及ぼす事もあるようなので、別の薬を服用している場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

フィナロの入手方法

フィナロは日本では未認可の薬です。病院によっては処方してくれる病院もあるようですが、主に個人輸入で海外から購入します。

個人輸入で入手する場合は、個人輸入代行業者などを利用するのが一般的ですが、何か問題が起きた場合全て自己責任となるので、あまりオススメしません。どうしても個人輸入で入手したい場合は、信頼出来る個人輸入代行業者を選ぶことが大事です。

フィナロの料金

個人輸入代行業者によっても値段はバラバラなので、幾つかの代行業者を比較するのがいいでしょう。

業者によって異なりますが、1ヶ月分で1,500円から2,000円程度プラス送料です。

フィナステリドの先行薬のプロペシアは1ヶ月に7,000円から9,000円ほどかかるといわれているので、継続服用すると考えると非常にありがたい料金となっています。