フィナステリドのジェネリック医薬品フィナバルドの効果を知りましょう

フィナステリドのジェネリック医薬品「フィナバルド」は、プロペシアのジュネリック製品として販売され、フィナステリドの含有量は1mgとなっています。

発癌性の可能性が指摘されているフィナステリドを密封するためのコーティング剤・キリンイエローは使用していません。

有効成分フィナステリドの含有量は1mgとして、AGA治療に合った量となっています。このフィナバルドを製造しているのが、インドのEast West Pharma社です。

フィナステリドにおける効果については欧米などでその臨床試験がおこなわれており、3年間使用することで約8割の人が薄毛が改善された…ということが報告がされています。もっと細かく言うと、1年では約半数の人が、2年では7割と…継続する事でどんどんその効果を実感する人が増えているのです。

逆にフィナステリドを服用し続けているのに何も変わらない…といった割合は年数を重ねるごとに減ってきています。また、薄毛がこれ以上進行しないように予防するだけであれば、1年間の服用で100%に近い人達がその効果を実感している結果となっています。つまり、フィナステリドを服用する事で抜け毛が減り、年数を重ねるごとに増えていくようになる…ということです。

フィナバルドの効果的な使用方法

フィナステリドは、前立腺肥大症治療と男性型脱毛症治療で使われていますが、それぞれ適した使用量は異なります。男性型脱毛症治療では前立腺肥大症治療よりもすくない量となっており、1日1mgで十分と言われています。これ以上増量しても何か効果が変わることはありませんので用量用法は守って使用するようにしましょう。

また、他の薬との併用は避けるようにします。一般的な風邪薬などは問題ない場合がほとんどですが、薬の飲み合わせが悪いと体に悪影響を及ぼす事もあるようなので、別の薬を服用している場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

飲むタイミングは24時間いつでも大丈夫ですが、できるだけ24時間ごとに飲んだほうが効果的といえます。つまりは、決まった時間に服用するのが一番。時間を決めることで、有効成分の体内濃度を常に一定にすることができます。

フィナバルドの入手方法

フィナバルドは日本では未認可の薬です。病院によっては処方してくれる病院もあるようですが、主に個人輸入で海外から購入します。

個人輸入で入手する場合は、個人輸入代行業者などを利用するのが一般的ですが、何か問題が起きた場合全て自己責任となるので、あまりオススメしません。どうしても個人輸入で入手したい場合は、信頼出来る個人輸入代行業者を選ぶことが大事です。

フィナバルドの料金

個人輸入代行業者によっても値段はバラバラなので、幾つかの代行業者を比較するのがいいでしょう。

フィナバルドはプロペシアのジェネリック医薬品ですから、その価格はプロペシアに比べても安価。1箱100錠で約2千円から3千円程度という低価格で購入することが出来ます。フィナバルドは、コストパフォーマンスと安全性に優れたジュネリック薬なのです。