AGAの原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロンDHT)とは、男性にとって必須男性ホルモンである「テストステロン」が5αリダクターゼ還元酵素によって変化させられた活性型男性ホルモンです。

髭や体毛を濃くする働きはありますが、毛髪を薄毛化する働きがあり、毛乳頭のレセプター(受容体)と結合し、毛母細胞の活動を低下させます。

毛根を萎縮させる力は通常の男性ホルモンの10~100倍と言われています。

また薄毛以外にもジヒドロテストステロン(DHT)は身体に様々な悪い影響を与えると言われています。

  • 薄毛
  • 体毛の増加
  • 精力減退
  • 前立腺肥大

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制することがAGA対策には重要です。

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するには?

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するには、男性ホルモン「テストステロン」からジヒドロテストステロン(DHT)を生成する5αリダクターゼ還元酵素の働きを抑制しなければなりません。

5αリダクターゼはフィナステリドやノコギリヤシ(ソーパルメット)で抑制することが出来ると言われています。