AGA治療は毛母細胞の寿命が残っているうちにはじめましょう

AGA治療をはじめるタイミングはいつ?

よく聞かれる質問ですが、なるべく早い方が最も高い効果を得ることができます。なぜ早い方が効果的なのか?それは、毛髪を生成する毛母細胞が寿命を迎えてからでは遅いからです。

AGA治療というのはまだ生きている毛母細胞の寿命を延ばす為の延命治療です。死んでしまった毛母細胞を蘇らせることは出来ません。

毛髪の寿命はいつくるの?

ヒトの細胞分裂は、一部の生殖系細胞を除いて約40~50回分裂したら終了と言われており、これは「成長期」、「退行期」、「休止期」と一定サイクル(ヘアサイクル)で分裂し毛髪を生成する毛母細胞も一緒で、約40~50回の分裂で寿命を迎えると言われています。

正常なヘアサイクルの1周が約2~6年と言われているので、最短の2年、分裂回数が最少の40回の毛母細胞だったとしても、2年×40回で毛母細胞の寿命は80年ということになります。

最短期間のヘアサイクル、最少分裂回数でも正常な毛母細胞であれば男性の一生を十分にカバー出来る期間分裂し続けることが可能です。

AGAはヘアサイクルが正常に働かなくなった状態

正常時1周約2~6年と言われるヘアサイクルが、AGAが原因で0.5~1年と短くなってしまった場合はどうなるでしょうか?

ヘアサイクルが正常に機能しなくなりヘアサイクル期間が短くなってしまいます。

最短ヘアサイクル期間0.5年×分裂回数最少の40回だった場合、毛母細胞の寿命は20年。最大分裂回数の50回分裂したとしても25年で毛母細胞は寿命を迎え毛髪を生成出来なくなります。

毛母細胞が寿命を迎え分裂しなくなったら、現在のAGA治療では、毛髪を移植する植毛以外、そこに毛髪を生やすことはできません。つまり、投薬やメソセラピーでのAGA治療の効果を最大限に発揮するには、毛母細胞が寿命を迎える前に治療を開始して、ヘアサイクルの期間を延ばし、毛母細胞の寿命を延ばす必要があるというわけです。

AGAの早期対策でヘアサイクル期間を正常化をはかる

AGA治療とは…

毛母細胞の細胞分裂が可能なうちに、プロペシア等の治療薬によって短くなったヘアサイクル期間を長くし、毛母細胞の寿命を延ばすことです。

なぜ早期対策が重要かというと…

約40~50回と決まっている毛母細胞の分裂回数がまだまだ残っているうちに、ヘアサイクルの期間を長くしなければいけないからです。

せっかくヘアサイクルの期間が長くなっても、対策を始めるのが遅く、毛母細胞の分裂回数が残りわずかだったら意味がありません。ヘアサイクルの期間を最長の6年まで長くしたとしても、分裂回数が残り1回だったら、6年後には毛髪の生成が終わってしまうからです。

正常なヘアサイクルを送る毛母細胞でも最短80年経てば寿命を迎えます。ヒトである以上は細胞分裂に終わりがくるのは仕方のないこと。重要なのはその寿命がいつくるかです。

なるべく年齢を重ねてからきてもらえるにこしたことはありませんが、AGAの原因となる男性ホルモンの分泌は40代を過ぎるとピークアウトしていくのでほっといても毛母細胞への攻撃は減ってきます。

最も毛母細胞に攻撃が加えられるのは男性ホルモンの分泌が活発な20代、30代の頃です。この頃にAGA対策を行い、出来る限りヘアサイクル期間を延ばし、毛母細胞の寿命を延ばしておくことが、AGA克服のカギとなります。