AGA治療の費用は治療方法によって異なります。自分の予算に合わせて継続出来る治療法を選びましょう。

AGAの治療方法は大きく分けて3つあり、治療方法によってAGAの費用が変わってきます。

  • AGA治療専門の病院で自分の頭髪状況に応じたAGA治療
  • 一般病院でプロペシア処方によるAGA治療
  • 個人輸入でAGA治療薬のフィナステリドやミノキシジルを入手して使用する治療

それぞれ費用が異なるだけでなく、メリットとデメリットが存在するので、下の表を参考に自分の予算と希望に合う治療方法を見つけましょう。

治療方法 AGA専門病院での治療 一般病院での頭髪治療 個人輸入での独自治療
初期費用 15,000~30,000円 10,000~15,000円 1,000~9,000円
1ヶ月の費用 10,000~30,000円 7,000~10,000円 1,000~9,000円
メリット 安心・安全で効果大 安心で安価 安価
デメリット 高額 発毛効果に懸念・不安 全て自己責任なので
発毛効果・副作用等が
超不安

AGA治療費用は保険適用外で自己負担

病院でのAGA治療は保険適用外の自由診療です。

AGA治療は保険適用外の自由診療なので病院によって治療費用は異なります。

基本的に一般病院はプロペシアを処方するだけの治療が多いので、費用は薬代のみで済みますが、AGA専門の病院は診察やプロペシア処方以外にも治療薬を処方してくれるのでその分費用は高額になります。

医療機関でのAGA治療に限り、医療費控除が適用となる場合があるので、年間ある一定額以上の費用がかかった人は申請してみましょう。

個人輸入は全て自己責任だけど費用は格安

個人輸入でAGA治療薬を入手する治療方法は、上記表の通り、病院での治療に比べて破格の安さ。

継続が重要なAGA治療において、1ヶ月の費用が安くすむのはありがたいことですが、

個人輸入での治療薬入手・服用は全てが自己責任。

ニセモノを掴まされたり、購入した商品が届かないなどの危険性もあります。

また、AGA治療薬のフィナステリドやミノキシジルは副作用も報告されているので、出来れば医師に相談してからの服用した方が安心です。

費用が安く済むからといってもその分リスクがともなうことを忘れないようにしましょう。