5αリダクターゼを抑制する事がAGA治療のカギ

5αリダクターゼとは、毛乳頭や皮脂腺に存在する酵素です。

男性ホルモンのテストステロンと結びついてAGAの原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)を生成すると言われています。

5αリダクターゼの働きを抑制することがAGA治療にはとても重要です。

1型と2型の2種類が存在する5αリダクターゼ

1型5αリダクターゼ

皮脂腺に多く存在し、脂性でにきびが出来やすい人に多いと言われています。

2型5αリダクターゼ

毛乳頭に多く存在し、体毛や髭が濃い人に多いと言われています。

現在、1型5αリダクターゼよりも2型5αリダクターゼの方がAGAに大きな影響を及ぼしていると考えられています。

2型5αリダクターゼの方がAGAの原因と言われている理由

  • 2型5αリダクターゼが欠如している男性にはAGAが見られない
  • 1型は脱毛の前頭部と後頭部の毛乳頭で見られるが、2型は前頭部のみ

以上の理由から2型がAGAに関与していると言われていましたが、2型の働きを抑制するフィナステリドではあまり改善しなかった人が、1型2型両方の働きを抑制するザガーロ(デュタステリド)で、改善したという事例が出てきたため、最近では、何らかの形で1型も関与しているのではないかと言われています。

5αリダクターゼを抑制するには?

5αリダクターゼは1型、2型両方の対策が必要ですが、特に2型の抑制が重要と言われてきました。

フィナステリド

AGA治療薬のフィナステリドは2型への有効性が認められていますが、1型の抑制力にやや不安があると言われています。

デュタステリド

プロペシアに続くAGA治療の承認薬「ザガーロ」の主成分です。フィナステリドよりも強力で、1型・2型両方の働きを抑制する効果があると言われています。

ノコギリヤシ(ソーパルメット)

1型、2型両方に効果があると言われています。ヤシ科シェロ属の植物で、天然成分で安全性が高いということから育毛成分として人気です。ミノキシジルやフィナステリドと併用することでより効果を発揮すると言われています。