プロペシアについて

プロペシア
プロペシアは病院で処方してもらおう

飲むAGAの治療薬と言えば…?それは「プロペシア」ではないでしょうか。色々なサイトを見ると、AGA=プロペシアで対処というようになっています。

では、プロペシアとはいったいどういうものなのでしょうか?プロペシアを用いることでどんな効果が得られるのか、みなさんも知っておいてくださいね。

現在の一般的な病院は一応、頭皮の状態を確認し、AGAの症状が出ている(M型やO型にハゲている)場合は プロペシアを処方する、というようになっています。プロペシアを処方することで、AGAを治していこうという方針の病院がほとんどとなっています。

AGAの専門病院でも、医師が患者の頭皮の状態を確認し、原因がプロペシアによって改善できるものなのであれば、プロペシアを処方して患者各位で指示通り飲んでもらう。というようにしています。

プロペシアという薬はAGAの原因のジヒドロテストステロンというものに働きかけます。現在のAGAの原因の多くは、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという、毛の発達を止めてしまうものに 変換されることによって起こっている症状だと言われています。プロペシアは、男性ホルモンがジヒドロテストステロンというものに変換されるのを防ぐ、という働きを持つ薬なのです。

ただ、プロペシアの効果は服用している間だけです。飲んでいる間はAGAの進行が止まるが、飲むのを中断すると 再発してしまうという確率がかなり高いと言われています。なので、効果的に治療を進めていくのであれば プロペシアの服用の継続は覚悟しておかないといけないようです。