AGAの原因って何?

AGAになってしまう、または、AGAになる可能性が高まる、大きな原因の1つに「男性ホルモン」というものが 関係しているのを知ってますか?

男性なら誰でも、体内に男性ホルモンが存在しています。それは正常なことなのですが、問題は男性ホルモンの種類です。

どの男性ホルモンでもAGAの原因になるわけではなく、薄毛を誘発してしまうような男性ホルモンがあるのです。 その男性ホルモンができやすい場合、AGAになってしまう確率がかなり高まります。

生まれつきだという人もいますし、突然そういう体質になる、という人もいるようです。遺伝によって抜け毛を増やすというような男性ホルモンが多く作られるようになる、ということもあります。

遺伝が原因の場合は、若いうちからハゲてしまう…という人もいるようです。もちろん、年齢を重ねてから AGAの症状が出てくる人もいます。

自分の薄毛はきっとストレスが原因!ストレスのない生活を送れば自然と改善されるだろう。
という具合に症状を自分で判断してしまうと、AGAだった場合は進行して、気付いた頃には手遅れだった…ということも少なくないので、自分で判断するということはやめましょう。

AGAの原因と処置の方法をしっかりと把握するということで、早急な対応ができ、最善の治療をすることができる。AGAについてまだ何も知らない!ということなのであれば、まずはAGAについて知ることが重要だと言えるでしょう。